【Apple Ear Pods】Apple純正イヤホンはAPEXで足音を正確に掴むことはできるのか

ども、のんたびです。

今回はAppleからでている「Apple Ear Pods」をゲーマー目線でレビューしていきます。

アップル純正イヤホンがFPSで使えるって聞いたけど本当?

なるべく安くかつFPSで使えるイヤホンが欲しい

このような悩みがある方は是非最後まで読んでいってください‼(1分ほどでサクッと読める内容です。)

筆者は数百円〜数万円まで様々な価格帯のイヤホンやヘッドセットを使用しているのでこの記事の信用性はそこそこ高いと自負しています。


【結論】コスパ最強、価格に割には十分すぎるクオリティ。

先に結論をお伝えすると、アップル純正のイヤホンでAPEXは十分プレイできます。

「銃声」「足音」「蘇生音」など必要最低限の音は十分聞き取ることができます。

音の位置の正確さを表す「定位感」も悪くありません。

価格を考慮すると音に関する不満は一切ありません。

正直5.6千円の中途半端な価格帯のイヤホンやヘッドセットよりオススメできます。

後ほど紹介しますが、もちろん不満点もいくつかあります。

価格が違うので当然と言えば当然ですが、1万円以上するようなイヤホンやヘッドセットと比較するとどうしても音質や機能面は劣ります。

なので音や機能面で妥協をしたくないという方にはオススメできません。

アップル純正イヤホンの良い点/オススメできる人

アップル純正イヤホンの良い点は何といっても圧倒的手軽さ」です。

「安価で購入しやすい」

「万人受けしやすい音質」

「装着感が軽く、長時間使用でも疲れない」

「イヤホンなのでヘッドセットみたいにかさばらない」

アップル純正イヤホンの長所はこれらを含めた「手軽さ」だと感じます。

音の聞き取りやすさだけにフォーカスするのであれば1万円以上のヘッドセットを使用するのが無難ですが、ヘッドセットはイヤホンより重量があるためどうしても長時間使用に向きません。(頭や首への負担が強くなるため)

アップル純正イヤホンは長時間ゲームをプレイしても疲れにくく、万が一断線などで使えなくなったとしても安価なので精神的ショックも少なく再購入のハードルも低いです。

そのためアップル純正イヤホンはお金がないゲーマーさんや長時間ゲームをするヘビーゲーマーさんにオススメできます。

クリップ等を使えばコンパクトに収納可

アップル純正イヤホンの悪い点/オススメできない人

ここからはアップル純正イヤホンのデメリットについて触れていきます。

デメリットは大きく分けて3つあります。

ケーブルが短い

アップル純正イヤホンはケーブルの長さが約110cmほどしかありません。

スマホやコントローラー直挿しで使用する場合は十分な長さですが、デスクトップPCで使用するとなるとケーブルが短く感じてしまいます。

特にPC本体を床などに置いている場合などは耳まで届かない長さになっています。

そいうった場合はケーブルの長さを延長してくれるアクセサリを追加で購入する必要があります。

遮音性が低い

アップル純正イヤホンは耳にかけるように早着する「インナーイヤー型」のイヤホンです。

耳の奥まではめ込む「カナル型」と呼ばれるイヤホンに比べるとどうしても遮音性は劣ります。

当然ですが、ノイズキャンセリング機能なんかもついていません。

なので家族や同居人がおり、周囲がうるさい環境ではゲーム音に集中できない可能性があります

遮音性の高いイヤホンを探している方にはオススメできません。

マイクを使う場合は別途アクセサリが必要になる

アップル純正イヤホン「Ear Pods」にはマイク機能も備わっていますが、プラグを挿し込む側のデバイス(PCやアンプ等)が4極対応していない場合はマイクが使用できません。

(ちなみにマイク音質はあまり良くありません)

スマートフォンやノートPCの場合、4極プラグに対応しているケースが多く、プラグを挿し込むだけで音声の出力/入力を両方行えると思います。

ただデスクトップPCは出力端子と入力端子が別れているケースが多いです。

画像の「ピンク/緑」や「IN/OUT」のように、入力端子」と「出力端子」が別れている場合は音の再生とマイクを同時に使用することができません。

簡単に説明すると、「ピンク」もしくは「IN」と書かれた端子はマイク(入力)しか反応しません。

「緑」もしくは「OUT」と書かれた端子は音の再生(出力)しか行なえません。

これを解決するには別途分岐ケーブル、もしくは入出力に対応したデバイス(ゲーミングアンプ等)を用意する必要があります。

Apple純正イヤホン(Ear Pods)の場合、「CITA規格対応」と書かれている4極-3極変換プラグを購入することで解決できます。

「4極対応したゲーミングアンプ」を購入すれば、マイクを使えるようになるだけでなく「音質の向上」「イコライザの調整」「手元での直感的音量調整」も可能になります。

その分値段が跳ね上がるのがデメリットですが個人的にはゲーミングアンプは十分に購入する価値のあるデバイスだと感じています。

それぞれ今挙げた条件に合う商品を紹介しておきます。

アップル純正イヤホンと合わせて購入したい周辺機器

アップル純正イヤホン「EarPods」と合わせて使いたい周辺機器をまとめておきます。

ゲーミングアンプ

先ほども紹介しましたが、ゲーミングアンプは音質そのものを向上してくれるアイテムです。

音質が上がれば、ゲームで優位性が上がるのはもちろん、音楽や動画鑑賞もはかどります。

私のブログで人気ゲーミングアンプ3種を比較した記事もあげているので気になる方はそちらも読んでいってください。

CITA規格対応の3極分岐ケーブル

デスクトップPCでアップル純正イヤホンのマイクを使いたい方向けのアイテムになります。

プラグ延長ケーブル

これは純粋にイヤホンケーブルの長さを延長してくれるアイテムです。

PC本体から耳元までの距離がある場合にあると便利です。

USBマイク

これはPCにUSBをブスッと挿すだけで使えるお手軽高音質マイクです。

アップル純正イヤホンに備わっているマイクの音質は正直微妙なのでマイク音質にも気を配りたい方はこういったUSBマイクの使用をオススメします。

まとめ

冒頭に紹介した通り、アップル純正イヤホン「EarPods」でゲームは十分プレイすることができます。

必要最低限の音を聞き取ることことはもちろん、足音などの「定位感」も悪くありません。

5・6千円の中途半端な価格帯のヘッドセットを使用するよりオススメできます。

ただ、アップル純正イヤホンは万人受けするようなアップル独自のチューニングが施されているので音楽鑑賞でもヘビーユーズしたいと考えている方は「モニターイヤホン」と呼ばれるイヤホンの購入をオススメします。

他にもいくつか不満点はありますが、別途周辺機器を揃えてあげることで弱点を補うことができます。

アップル純正イヤホンは「デバイスにかかるお金をなるべく抑えてゲームをしたい」と考えている方にとてもオススメできるイヤホンです。

逆に「音質や機能面はなるべく妥協したくない」と考えている方には物足りなさを感じてしまうかもしれません。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは皆さんよきゲーミングライフを‼

ヘッドセット

Posted by nonntabi