【Razer Strider】レビュー「全ゲーマーにオススメ‼滑りが良くて水も弾くハイブリッドマウスパッド」

2023年9月28日

ども、のんたびです。

今回はRazerからでている「Strider(ストライダー)」をレビューしていきます。

「Strider」はハードタイプマウスパッドのような滑りと布タイプマウスパッドのような止めやすさを両立した「ハイブリッドマウスパッド」になります。

ハイブリッドって言われても正直イメージ沸かん

ハイブリッドマウスパッドと聞いてもピンとこない方もいるかと思います。

この記事では「Strider」の特徴やメリットデメリットを分かりやすく紹介していきます。

是非最後まで読んでいってください。

先にザックリとしたメリット・デメリットをまとめておきます!

メリット

・布製のマウスパッドよりよく滑る

・縦横の操作感に差異がなく縦のトラッキングもしやすい

・耐水、耐湿に優れている

デメリット

・滑りに慣れる必要がある

・布製と比較すると表面がザラザラしているので手首が擦れる

・一般的なマウスパッドと比較すると値段がやや高め
(有名なG640やQcKと比べると高いが特別高価というわけでもない)


【結論】よく滑ってよく止まる‼全ゲーマーにオススメ

先に結論から言います。

「Razer Strider」はよく滑ってよく止まるマウスパッドです。

布製マウスパッドに比べると格段にマウスの滑りが良くなります。かと言って止めにくいわけでもありません。

使用してみるとハイブリッド(滑りやすさ止めやすさ)という言葉がしっくりきます。

布製マウスパッドを使用している方が使うと最初は戸惑うかもしませんが数時間使用すればすぐ慣れます。

私がそうでした。

そして「Strider」に慣れた後はもうハイブリッド系マウスパッドに魅了されています。

「Strider」に慣れた後に布製マウスパッドに戻してみると「あれ?このマウスパッドこんなに滑り悪かったっけ?」という状態になります。

加えて「Strider」は湿度の高い環境にも強く、水をこぼしても弾いてくれます。

マウスパッドに飲み物をこぼしてしまった経験がある方や、湿度が高くなる梅雨が存在する日本には相性ピッタリのマウスパッドです。

もちろん人によって合う合わないはあると思いますが、マウスパッド選びに迷っているのであれば一度試してほしいマウスパッドです。

【Razer Strider】外観・特徴

サイズL:450 x 400mm
XXL:940 x 410mm
厚さ3mm
材質ポリエスル(アムンゼン織り生地)

「Strider」は「L」と「XXL」の2サイズ展開となっており、外箱は割と大きめです。

(私が購入したのはLサイズ)

同梱物

・マウスパッド本体

・ステッカー

外箱が大きく、緩く丸められた状態で梱包されているので巻き癖はすぐ取れます。

生地感・クッション性

表面は一般的な布製マウスパッドと比べるとかなりザラついた質感になっています。

「Strider」には「アムンゼン」というポリエステル生地が使用されています。

アムンゼン生地は細かい凹凸感が感じられる生地で、一般的な布製マウスパッドと比較すると湿度と摩擦に強い特徴があるみたいです。

つまり一般的なマウスパッドよりザラつきはあるものの、耐久性に優れているという特徴があります。

布製マウスパッドと比較するとかなりザラザラしており、ゲームをプレイしていると摩擦による手首へのダメージが大きい印象を受けます。

私はそのまま使用していますが人によってはアームカバーを着用した方が良いかもしれません。

「Strider」の表面は硬めでクッション性は低いです。

マウスを強く握りしめてマウスパッドに沈み込ませるようにAIMを止める方にはあまり向かないかもしれません。

縁はステッチ加工が施されています。

1ヶ月半ほど使用した段階で手前のステッチ部分少しだけほつれました。

特別気になるほどではありませんが、ステッチ加工の耐久面はあまり強くないかもしれません。

裏面

裏面はラバー素材のようになっており、全面的に滑り止め加工が施されています。

FPSをプレイしていてもマウスパッドがズレるということは全くありませんでした。

耐水(撥水)性

先程も軽く触れましたが、「Strider」は耐水性があります。

開封直後はもちろん、1ヶ月使用した後に再度水をこぼしてもしっかり弾いてくれました。

万が一飲み物をこぼしてしまっても、ティッシュや雑巾などでサッと拭き取ってあげれば問題ありません。

拭き取った直後は少し跡が残りますが、滑り具合は全く変わりません。

水をこぼして箇所でもしっかりマウスは滑ってくれました。

私の場合、拭き取った箇所も数時間経てば分からなくなりましたが液体の種類や量によっては跡が残り続ける場合もあるかもしれません。

ゲーム中の操作感

実際にゲームで使用してみて感じたことが2点あるので紹介していきます。

縦のトラッキングがしやすい

一般的な布製マウスパッドと比較すると縦のトラッキング操作がしやすいと感じました。

布製マウスパッドは縦のトラッキング操作に引っかかりを感じる場合が多いですが、「Strider」は縦と横でトラッキング操作時の感覚が変わりません。

APEXを例にだすと、ホライゾンのリフトに乗ったキャラを追いAIMするときなんかに違いを体感できます。

個人的にはここがハイブリッドマウスパッドを使用して一番驚いた部分でした。

手首へのダメージが少し気になる

先程も紹介しましたが「Strider」は表面がザラついた質感なので激しくマウスを振っていると手首の擦れがとても気になります。

使用し始めて最初の3日くらいは手首の擦れが気になりすぎてアームカバーを導入しようか真剣に悩みました。

私の場合、しばらく使用していると気にならなくなりましたが人によっては手首の擦れ感がとても気になると思います。

まとめ

メリット

・布製のマウスパッド(一般的なゲーミングマウスパッド)よりよく滑る

・縦横の操作感に差異がなく縦のトラッキングもしやすい

・耐水、耐湿に優れている

デメリット

・滑りに慣れる必要がある

・表面がザラザラしているので手首が擦れる

・一般的なマウスパッドと比較すると値段がやや高め
(有名なG640やQcKと比べると高い。特別高価というわけでもない)

「Strider」は滑りがよく、程よく止めやすいマウスパッドだと感じました。

人によっては表面のザラつきが気になるかもしれません。

逆に言ってしまえばそれ以外の欠点はあまり気になりません。

個人的には「ハイブリッド系マウスパッドを使用したことがない方は是非一度試してほしい」と推したくなるほどオススメできる製品です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それではよきゲーミングライフを‼